どうして葉酸が必要なの?

赤ちゃんの先天性障害のリスクを減らす

葉酸はDNAの合成など、胎児の発育に重要な働きをする栄養素です。特に妊娠初期の細胞分裂が活発な時期には、脳や脊髄などの体に重要な部分が形成されますが、葉酸が不足すると先天性障害のリスクを発祥する恐れがあります。主にあげられるのが無脳症・脳瘤・二分脊椎症で、流産や死産の確率も高まります。
葉酸を積極的に摂取することにより、先天性障害のリスクの可能性を70%ほど下げられることが欧米の研究で発表されており、妊活中から妊娠3か月までの女性に葉酸の摂取が推奨されています。
先天性障害のリスクを下げるためには、通常の約2倍、数値にすると400マイクログラムの葉酸を摂取することが推奨され、母子手帳にもしっかり記載されているのです。

妊婦の貧血を予防する

妊娠中は、赤ちゃんに栄養分を運ぶために常に血液を供給している形になります。そのため、妊婦は慢性的に鉄分が不足しがちで、貧血になりやすいのが特徴です。葉酸は赤血球をつくる働きがあり、別名「造血のビタミン」と呼ばれています。葉酸を摂取することで、鉄分不足による貧血を予防することができるのです。貧血で倒れたら、母体はもちろん赤ちゃんにも危険が伴います。積極的に葉酸を摂取して貧血予防をしましょう。また、ビタミンB12とともに赤血球をつくるため、葉酸サプリを選ぶ時は葉酸だけでなくビタミンB12が一緒に配合されているものがおすすめです。
特に、妊娠中期から後期にかけて貧血になりやすいので、しっかり摂取するように心がけましょう。

© Copyright Folic Acid Supplements. All Rights Reserved.